KOSHIKEZ

TaraBookShelf/2003-01-27

;BOOK;明治波濤歌(上)読了

  • Amazon.co.jp TaraBookShelf/2003-01-27/hatoka.jpg  連続明治物。ただしこれも短編の集合体といった感じ。ただ「波濤」の意味も込めてか海・船が登場してくる。
     これまでのところで長短編10本程度を流し込んでいるのでそれぞれの連環具合が感じられて面白い。明治初期はCOLOR(BROWN):「警視庁草紙」COLOR(BLACK):、COLOR(BROWN):「明治断頭台」COLOR(BLACK):、この中でも川路利良が登場している。また明治中期となると自由民権運動からみでCOLOR(BROWN):「地の果ての獄」COLOR(BLACK):、COLOR(BROWN):「幻灯辻馬車」COLOR(BLACK):などと重なる。とくに本作はフィクションでありながら実在の人物そのものに迫っている部分が多いように思えた。ゆえに舞台装置や小物の使いっぷりは影を潜め、人間の波の寄せ、反すごとき生き様にフォーカスしているというところか。 #clear

#includesubmenu Counter: 0, today: 0, yesterday: 0

TrackBack List

#tb

;CONG;ICON THX!

http://www.japonet.com/~dot/image/dot.gif http://homepage1.nifty.com/KUMAZO/images/k/kid01.png

;NETSE;ネトetc...

http://www.kt.rim.or.jp/~sokohaka/hof.gif http://www.unique-id.co.jp/kk_image/kanshin88x31.gif

&htmlinsert(bloglines.txt);